iMessageやGmailやLINEについて考える

「iMessage」使ってますか?

何気なく私達は使ってますけども、世界的には色々事情があるようです。

テロリストが「iMessage」を使う理由〜アップル社の暗号強化が裏目に?

情報源: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46516

なかなか難しい問題ですが、今後米IT企業がどういう動きをするのかとっても興味がありますね。

犯罪抑止も重要ですしプライバシーも重要です。

「暗号化禁止法が可決されたらAppleは英国でiPhoneを売るべきでない」 – iPhone Mania

あくまで暗号化を禁止したい政府英メディアIndependentは、iPhoneのiMessageは、エンドツーエンドの強力なメッセージ暗号化プログラムとして、禁止の対象になる可能性が高いと指摘しています。 Appleは現在、iMessageでは堅固な暗号化が行われているため、政府へのユーザーデータの提供はしないというより「できない」と拒否しています。英政府は以前より、暗号化通信の禁止を示唆する発言をしており、デーヴィッド・キャメロン首相も今年7月に「われわれの読めない通信は存在すべきでない」という、暗号化を否定するコメントを残しています。しかしこれら人気のメッセージプログラムの禁止は、国民から相当な批判を浴びることになるのは確実です。 調査権法にはメッセージの暗号化禁止のほか、インターネット企業に対し直近12ヵ月の閲覧履歴の保管を求める条項も含まれています。

情報源: 「暗号化禁止法が可決されたらAppleは英国でiPhoneを売るべきでない」 – iPhone Mania

 

法の番人とテクノロジー先駆者との間で勃発した、暗号化とプライバシーに関する戦いが、これまでにないほど白熱しております。

情報源: GIZMODO

Appleが反対するイギリスの暗号化禁止法案の持つ危険性 – グノシー

イギリスの下院に提出され審議されているモバイル通信の暗号化に制限を課す「Investigatory Powers Bill(調査権限法)」の法律案に対して、初めてAppleが公式に「懸念している」と表明しました。

情報源: Appleが反対するイギリスの暗号化禁止法案の持つ危険性 – グノシー

LINEが端末間暗号化通信を(やっと)実装

日本ではもうインフラの一つというレベルで普及しているLINEですが、韓国政府に傍受されているという噂もかつてありました。端末間暗号化通信を実装することでメッセージ通信の安全性が高まり、通信傍受などは実質不可能に近い状態になります。

情報源:iphone研究室

Gmail、暗号化されていない通信でメールを受信すると警告を表示

Gmailはすでにデフォルトでユーザーのブラウザとサーバー間の通信にHTTPSを使用しているが、これまでプロバイダー間のメール送信では暗号していない通信が一般的に用いられてきた。もし、誰かがそれらのメールを妨害したのなら、中身を見るのは簡単なことだった。

ここ数年(特にスノーデンの告発事件の後は)、Googleや他のメールプロバイダーも通信方法を変更し始めた。そして現在メールプロバイダーからGmailへと送信されるメールの57%(そしてGmailから送信される81%のメール)は暗号化している。Gmail間のメールの送受信は必ず暗号化している。

情報源: techcrunch japan

セキュリティとプライバシーに配慮したメッセンジャー9選

EFFでは以下の7つの項目について各メッセンジャーを評価しています。(ただし、4つか5つの基準に合格したサービスは「次点」として紹介しています)。

1. 転送中のデータは暗号化されているか?

2. データはプロバイダーでも読み取れないように暗号化されているか?

3. 連絡する相手が本人であることを確認する手段はあるか?

4. Perfect Forward Secrecy(PFS)という仕組みを採用しているか?つまり、暗号鍵に使用期限があり、鍵を盗まれても既存の通信を復号化できないようになっているか?

5. コードがオープンソース化され、公開レビューができるようになっているか?

6. 暗号化の実装手順とプロセスは文書化されているか?

7. 過去12か月以内に第三者機関によるセキュリティ監査を受けているか?

インターネットを監視する時代、メッセージングでのプライバシーとセキュリティの確保は必須です。電子フロンティア財団(EFF)は先ごろ、数多くのモバイルメッセンジャーとインターネットメッセンジャーを対象に、セキュリティとプライバシーの機能を徹底的に分析したレポートを発表しました。

情報源: https://blog.kaspersky.co.jp/nine-secure-messengers/5482/

 

追記: 2016/01/16

Appleのティム・クックCEOが、オバマ政権首脳に対し、強固な暗号化によるプライバシー保護への支持を求めていたことがわかりました。オバマ政権高官に暗号化とプライバシーへの理解求めたクックCEO

情報源: Appleのティム・クックCEO、オバマ政権に暗号化とプライバシー保護への理解求める – iPhone Mania

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました