キャンプの必需品ランタンの話

という事で今回はランタンのお話です。

ってか、前回のキャンプでランタンの重要さに今更ながらに気づいただけの事なのですが…

やはりキャンプではランタンというものは本当に重要ですよね。

有名キャンプ場でキャンプする場合は結構自分以外のキャンパーさんがいらっしゃるので、そこかしこに明かりがあるのですが、マイナーなキャンプ場ではキャンプ場自体が真っ暗になることもあります。

メインランタン、サブランタンと言われるような使い分けも必要になるかもしれません。

…っという事で、CHAもランタン関係の装備を強化してみたのです。

まず購入してみたのは、コールマンのガソリンランタン、「286A 」。

ワンマントルのランタンです。

コールマンのランタンとしては中間ぐらいの明るさがあるモデルで、使い勝手が良さそうだったので購入してみました(中古ですが)。

ワンマントルのモデルにしたのは、CHAは結構な面倒くさがり屋さんなので、ワンマントルの方がツーマントルより空焼きのめんどくささが少ないと思ったからです。

明るさはもちろんツーマントルほどの明るさはでませんが、明る過ぎてもキャンプ場の雰囲気に影響が出るので、そこそこの明るさのこのランタンにしました。

この286Aはラベルが「ADJUSTABLE ONE MANTLE」になってます。どうやら、この286Aは前期モデルみたいで、普通のモデルは「286A 」というラベルになってるらしいです。

逆輸入モデルらしいという話もあるんですが、CHAには良く分かりません。

まっ…使えれば良いのです。

 

で、このランタンのスペック的な数値は…

• 明るさ 約200C P /130w相当

• 燃料タンク 約590cc

• 本体サイズ 約16×31cm

• 重量 約1.4kg

となってます。一応こちらはメインのランタンとして活躍してもらうつもり。

 

そしてサブランタンとして、テーブル等を照らすランタンとして選んだのは…

 

デイツのハリケーンランタンで〜す。

画像ではゴールドに輝いて真鍮のモデルのように見えますが、こちらはシルバーのニッケルメッキのモデル。部屋の電気の影響で金色に見えてます。

デイツのランタンはモデルが豊富で色々なサイズがありますが、CHAが選んだのは「♯50」というモデルです。

もうすでに絶版?廃盤?らしいのですが、某オークションで手に入れた未使用品です。

この「♯50」というモデルはデイツの中でも一番小さいモデルみたいで、ペトロマックスの「HL1」とほぼ同じ形状、金型を使っているらしいです。

なので、ホヤや替え芯なんかも同じものが使えるらしい。

う〜、早くキャンプ場で使ってみたい…

このデイツのハリケーンランタンのスペックは…

 

• サイズ 全幅14cm x 奥行10.8cm x  高さ21.6cm

• 重量 約350g

• タンク容量 200ml

• 仕様燃料 灯油またはオイル

• 燃焼時間 約12時間

• 明るさ 8w弱らしい

 

実際のとこ、試しに家で8分目まで燃料を入れて使ってみた。

その場合、6、7時間ぐらいで火が消えたが、実際のキャンプの場面でも十分だと思う。明るさはそれほどでもないが、常に安定した明かりが灯り続けた。

明るさは多少暗いかなと思うが、雰囲気がいいので許せるとこでしょう。本当にこの光の雰囲気はいいと思います。

最近、このランタンを買ってからは、火を灯しバーボンを飲みながらただひたすらランタンの火を見つめる夜を送ってます。

かなり病んでます!!

 

いろんな意味でLEDのランタンは手軽で便利ですが、

キャンプでは少しこういう手間のかかる道具を使うというのも楽しみの一つではないでしょうか。

Z6 コイツ意外と…モロいな

表題にあるとおり、今日なにげにZ6をみると…「おい!な…なんじゃあコリャあ」というようなことになってました。

お気づきでしょうか?グリップ部の下部のところです。

ぺろんちょとめくれ上がってるじゃないの!

まだ購入して2ヶ月目ですよ!!ニコンさん。

さすがにこれには意気消沈…どこかにぶつけた覚えもない…

 

たしかに70-200のタムロンとか付けて振り回したりしてるけれども、たしかにわたくし初心者で、カメラの扱いもまだまだ未熟かもしれないけど、ちょっとモロすぎませんか?

はあ…この修理代いくらかかるんだろう?

たしかに70-200のタムロン付けて撮影している時、親指の付け根がやたら痛くなるような気がしてたんですよね…まあ、設計がミラーレス用じゃないし、サードパーテー製品だし、仕方ないんでしょうけど…

GH5は全然こんなことないですよ…

GH5で手持ち撮影全然してないけど、レンズもめちゃくちゃ軽いけど…

それにしても、いくらなんでも早すぎませんか、ニコンさん。

 

…っと、ここまで文句タラタラのワタシですが、事前の勝手なイメージでニコンは頑丈、丈夫という思い込みがありました。それゆえ余計にモロいという感想がでてきたのかもしれません。

例のバッテリーの蓋のちゃっちさといい、今回のグリップ部の剥げ問題。

逆に言うとカメラ界後発組のはずのパナ機のしっかりとした作りかた、防塵、防滴、マイナス10度の過酷な環境に耐えうる耐低温設計。当然、Zもそれぐらいの堅牢性はあるだろうと勝手に思っていたCHAですが、Zは使用温度、0度から40度です。

もちろん、カメラとしての性能はあきらかにZのほうがGH5より上ですし、今後もZを使い続けていくと思いますが、今回Zを購入してふと感じたことは、「パナ機…いいじゃん」です。

今後は動画以外でもGHをもっと使ってみたいと思っています。

まとめると、カメラはやはり性能も大事ですが、根本的にカメラとして細かい部分がしっかりしていることも同じぐらい大事だな改めて思いました。性能は、同じ最新の機種であれば細かい差はあっても、大差はないでしょう。

やはり、購入する前に量販店などでベッタベッタに触りまくって各部を確認することをオススメします!

 

では、また!

写真はオモロイ

はい。写真は面白いです。

ってか、久しぶりにブログを書いてます。すいまへん。

最近のCHAは写真にどハマりしてます。とっても面白いのです。最初は動画を撮る目的で購入したカメラですが、どちらかというと、動画より写真を撮りたい!という欲求にかられる毎日です。

日々の日課は、「ヤフオク」で安い「キャノンD5」ないかな〜…と検索しています。

「やっぱ、写真はフルサイズで撮ってみて〜」

と、思っているのですね。

しかし‼️

マイクロフォーサーズ機をせっかく買ったからには、もうすこし、マイクロフォーサーズを極めてみようと今は思っております。

 

ただ単に懐具合が寂しいという裏事情もありますが…

 

はい。とにかく、写真はオモシロイ。

はい。iphoneをミラーがわりに。

 

はい。お花にピントを合わせて……背景をボカし………、ん!…

ボ、………ボケすぎやん。

はい、失敗ショット。

「ボケすぎて背景がなんだかワケわからんくなってる‼️」

F値解放しすぎた。(泣)

 

写真はやっぱり、その場その場でパッと様々な項目を最適な値に設定しなくちゃいけないので、難しいです。

まあ、そこが醍醐味でもありますよね〜

車のテールランプをブラしてみました。シャッタースピードは10/1秒ぐらいです。

今度はもっと車の往来の激しいところで撮ってみたいです。

あと、今度キャンプに行くと思うので、その時は星空でもキレイに撮ってみたいですね!

雪がすごい

はあ〜、今年は雪がすごい、ゴイス〜ですな〜。明日の朝までに上越市高田で100cmほど降る大雪の警報が出ています。

早く、バイクに乗りたいのに今年は雪が長引きそうです…

さすがにこの雪だと、「ムルティ君」の出番もまだまだなさそうです。

どうでもいいけど、道路の雪壁が高すぎて事故りそうで怖い!!

ここ最近は…

毎日お酒が欠かせなくなってきている。

とにかく飲まずにはいられないというヤバイ症状だ。最近では1日でもアルコールを一切体内に入れないということができなくなってきている。

このまま、ただ好きな酒を飲んで、ただ好きな趣味に没頭して、ただ単に歳をとって行くんだろうか…

それはそれで楽しいけど……