キャンプで焚き火の下に敷くもの

キャンプ

今回はカトキチの趣味であるキャンプについての記事になります。

さて、みなさんキャンプで焚き火をする時は、焚き火台の下はどうしてますか?カトキチは今までそれほど気にしていなかったんですが、今回あらためてこんなものを用意してみました。

ロゴスのFIREPROOF SHEET(たき火台シート) というものです。

まずは、この焚き火台シートについてご紹介します。

  • 耐熱温度500℃
  • 大きく使える80×60㎝サイズ
  • 素材:ファイバーグラス
  • 収納サイズ:幅15×奥行き1.5×高さ20㎝
  • 四隅にペグ打ち固定できるハトメ有り
  • 重量:270グラム
  • アマゾン価格:1,870円(カトキチ購入時点)

という感じです。

焚き火をする時の地面へのダメージを防ぐだけでなく、卓上にグリルを設置して使用する場面でもテーブルへのダメージを防げますね。

カトキチが普段使っている焚き火台「ピコグリル」の下に設置してみました。

大きさ的には十分ですね。

もちろん、薪が大きく爆ぜる時はカバー出来ませんが、大部分の地面へのダメージは防いでくれそうです。

実際、テスト焚き火をしてみました。

1時間ほど焚き火をしてみましたが、特にシートに燃え移るということはありませんでした。

実際キャンプ場に行って焚き火をする時は、もっともっと長い時間焚き火をするので防火性がどのくらいになるのかは今のところ分かりません。

キャンプ場で微妙に風が強い時などにシートを止めておけるハトメが四隅に埋め込まれてます。なのでそういった時でもペグでしっかり固定できますね。

キャンプではなにかと火を使うことが多いと思いますので、焚き火台の下に敷く以外にもこういったものを1枚用意しておくのは安心できるかもしれませんね。

最近ではなかなかキャンプに行けてないカトキチですが、今度実際にキャンプ場へ出向いてガッツリ焚き火してきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました