デジモノステーション「0 SIM by So-net」をiPhoneで運用する

株式会社エムオン・エンタテインメントが2015年12月25日(金)に雑誌 『デジモノステーション 2016年 2月号 [雑誌]』 (定価620円)を発売しました。この雑誌デジモノステーションには特別付録SIM「0 SIM by So-net」(ゼロシム バイ ソネット)が付属しており、話題になっています。この「0 SIM by So-net」はモバイルデータ接続サービス用のnano SIMです。

情報源: デジモノステーション「0 SIM by So-net」をiPhoneで運用する – オーケーマック

先日、上記のデジモノステーション0 simを手に入れました。

いや〜本日の上越市はものすごい吹雪
車を運転してても前方が見えづらく大変。すごく寒いし、早く暖かくなってくれるといいんですが…

ところで私はこんなsimを手に入れました。

なんと、0MB〜500MBまでは通信料が無料というsimです。雑誌を買うと付いてくるsimということでどんなもんかなと思ったんですけど、上記の「オーケーマック」さんの記事も読んでみて最近は格安simを提供する業者さんというものが結構出てきてるので、興味があった私はこのsimの付いている本を購入してみました。

そしてこのsimを使う端末(simフリーiPhone5)を中古で購入しました。

デジモノ0simの特徴

  • 0MB〜500MBまでは無料
  • 500MB〜は100MBにつき100円加算
  • 2GB〜5GBまでは1600円の定額
  • 5GB以上はチャージが可能
  • NTTドコモの4G/LTE回線を利用
  • データ通信専用で音声通話は未対応
  • キャリアメールは提供されない
  • sim形状はnanosim

といったところです。
私は基本iPhone2台持ちで運用するので(もう1台のiPhoneはソフトバンク)、通話やキャリアメールを使いたいという方はこのsimだけを使う際には注意が必要です。

そもそもこのsimを使おうと思った理由は?

もちろん月々の携帯通信費を少額に抑えるためです。
後々、iPadなどに転用することも考えてます。

500MBでどれだけ使える?

 

web閲覧 1705回 yahooトップページを表示(300KB)
メール 10万2400通 300文字程度のテキストメール(5KB)
Twitter 5688回 全角140文字でツイート後、リロード(90KB)
動画 50回 youtubeで動画を約5分閲覧(10MB)
地図 140回 Googleマップで縮小してから拡大5回(3.5MB)
IP電話 290回 Skypeを使用し約3分間通話

 

500MBでこれだけ使えるんですねぇ…やっぱり動画閲覧は厳しいです。
でも、いくら使っても1600円までしか料金がかからないようになってるのは嬉しいです(5GB以上はチャージが必要、チャージしない場合は速度制限)。ちなみに音声通話に関しては相手側もiPhoneの場合は「FaceTime」と「FaceTimeオーディオ」が使えるはずです。

0simを使い始めて5日が経ちました。

現在のデータ通信量は118MBで

単純に計算してみると、

1日当たりの使用量は23.6MBで

通信料金が発生しない500MBまでは21日使える計算になります。1日当たりの通信料は人により違ってくると思いますが、自分の使い方としては平日昼間に軽くネットを見たり、ニュース関係のアプリを使ったり、ツイッターを見たり、メールに使ったりするぐらいで、動画は見ないようにしています。
そして、自宅に帰ったら自宅のWi-Fiを使うようにしてます。

実際のsimの使用感(速度や電波強度)は今の所なかなか良い感じです。また長期運用してみてから感想を書きたいと思います。

0sim途中経過報告:http://vkomori.eazyearlytimes.com/0sim

コメント

タイトルとURLをコピーしました