キャンプの必需品ランタンの話

という事で今回はランタンのお話です。

ってか、前回のキャンプでランタンの重要さに今更ながらに気づいただけの事なのですが…

やはりキャンプではランタンというものは本当に重要ですよね。

有名キャンプ場でキャンプする場合は結構自分以外のキャンパーさんがいらっしゃるので、そこかしこに明かりがあるのですが、マイナーなキャンプ場ではキャンプ場自体が真っ暗になることもあります。

メインランタン、サブランタンと言われるような使い分けも必要になるかもしれません。

…っという事で、CHAもランタン関係の装備を強化してみたのです。

まず購入してみたのは、コールマンのガソリンランタン、「286A 」。

ワンマントルのランタンです。

コールマンのランタンとしては中間ぐらいの明るさがあるモデルで、使い勝手が良さそうだったので購入してみました(中古ですが)。

ワンマントルのモデルにしたのは、CHAは結構な面倒くさがり屋さんなので、ワンマントルの方がツーマントルより空焼きのめんどくささが少ないと思ったからです。

明るさはもちろんツーマントルほどの明るさはでませんが、明る過ぎてもキャンプ場の雰囲気に影響が出るので、そこそこの明るさのこのランタンにしました。

この286Aはラベルが「ADJUSTABLE ONE MANTLE」になってます。どうやら、この286Aは前期モデルみたいで、普通のモデルは「286A 」というラベルになってるらしいです。

逆輸入モデルらしいという話もあるんですが、CHAには良く分かりません。

まっ…使えれば良いのです。

 

で、このランタンのスペック的な数値は…

• 明るさ 約200C P /130w相当

• 燃料タンク 約590cc

• 本体サイズ 約16×31cm

• 重量 約1.4kg

となってます。一応こちらはメインのランタンとして活躍してもらうつもり。

 

そしてサブランタンとして、テーブル等を照らすランタンとして選んだのは…

 

デイツのハリケーンランタンで〜す。

画像ではゴールドに輝いて真鍮のモデルのように見えますが、こちらはシルバーのニッケルメッキのモデル。部屋の電気の影響で金色に見えてます。

デイツのランタンはモデルが豊富で色々なサイズがありますが、CHAが選んだのは「♯50」というモデルです。

もうすでに絶版?廃盤?らしいのですが、某オークションで手に入れた未使用品です。

この「♯50」というモデルはデイツの中でも一番小さいモデルみたいで、ペトロマックスの「HL1」とほぼ同じ形状、金型を使っているらしいです。

なので、ホヤや替え芯なんかも同じものが使えるらしい。

う〜、早くキャンプ場で使ってみたい…

このデイツのハリケーンランタンのスペックは…

 

• サイズ 全幅14cm x 奥行10.8cm x  高さ21.6cm

• 重量 約350g

• タンク容量 200ml

• 仕様燃料 灯油またはオイル

• 燃焼時間 約12時間

• 明るさ 8w弱らしい

 

実際のとこ、試しに家で8分目まで燃料を入れて使ってみた。

その場合、6、7時間ぐらいで火が消えたが、実際のキャンプの場面でも十分だと思う。明るさはそれほどでもないが、常に安定した明かりが灯り続けた。

明るさは多少暗いかなと思うが、雰囲気がいいので許せるとこでしょう。本当にこの光の雰囲気はいいと思います。

最近、このランタンを買ってからは、火を灯しバーボンを飲みながらただひたすらランタンの火を見つめる夜を送ってます。

かなり病んでます!!

 

いろんな意味でLEDのランタンは手軽で便利ですが、

キャンプでは少しこういう手間のかかる道具を使うというのも楽しみの一つではないでしょうか。

嘉例沢キャンプ場視察

ということで先週に続き、二週連続でキャンプに出掛けてみました。

なぜまたすぐキャンプをしてきたかというと、能登キャンプではあまりの暑さにキャンプの定番「焚き火」をできなかったからです。

本当に暑かったので、周りの他のキャンパーさん達も焚き火をしている人はいないようでした。

「焚き火」は自分もキャンプの際は一番楽しみにしている一大イベントで、能登から帰ってきた後もやはり「焚き火」をできなかったことで悶々としてました。

そして週末が近づくにつれて、「よし、焚き火だけでもしてこよう!」と、思い立ちました。

「う〜ん、どこかいいキャンプ地はないものか…」

「ん…ここ…無料のキャンプなの?」

と、見つけたのが…嘉例沢キャンプ場です。

でも、無料のキャンプ場ではなかなか自分の理想とするとこはありません。まあ、今回は下見がてらとにかく「焚き火」ができればいいかな、という思いで向かいました。

サイトの規模は無料のキャンプ場にしては必要十分。ただ、サイト中央の動線になる砂利の道はかなり悪路でした。

CHAは今回この動線は使わず、駐車場からすぐ近くのテン場にテントを設営しました。

この砂利道の動線がしっかりとした整備がされていれば、なかなか素晴らしいキャンプ場になるのですが、そうなれば無料ということをいいことに、数々のキャンパーたちが押し寄せてくるんじゃないかと思います。マナーの悪い人も来るかもしれません。

現状でも空き缶やら、直火の後がそのまま放置されている状態だったので、砂利道があまり整備されてないのは、逆にいいのかもしれません。

 

とはいえここは無料のキャンプ場ですから、十分いいキャンプ場だと感じました。

2、3人のグループキャンプにはいいかもしれません。

ソロキャンプの場合は、夜のことを考えると少々勇気がいります…何組か他のキャンパーさんがいるとまだいいのですが…

水場とトイレは無料のキャンプ場らしく、一ヶ所しかありませんでしたが、どちらも結構綺麗に整備されてました。

 

一番奥のサイトからは木々の隙間から黒部市の景色がチラ見えするのですが、木々のせいであまりよくは見えません。

それでも景色をしっかり堪能したい場合は、キャンプ場に着く途中の道で遠くまでよく見渡せるポイントがあります!

うむ、絶景かな…絶景かな…

キャンプ場に着くと、他のキャンパーさんが誰もいません…

今回、CHAも初のソロキャンプなんですが、本当にキャンプ場内でもぼっちでした。何組か別のキャンパーさんがいることを望んでたんですが…

しょうがないですね…トップシーズンでもないし…

とにかく、ぼっちでもこの日は「焚き火」をしたくてしょうがなかったんです!!

しかし、このキャンプ場は夜9時ごろに電灯が消灯します。そのあとの怖さったら…

お〜、こわ!!

 

今回のキャンプを機に光量の大きいランタンを購入することを、固く心に誓うCHAでした。

夏の終わりにキャンプ能登

今回のキャンプは、石川県の能登半島の西側の海沿いにある羽咋市(はくいし)の「休暇村能登千里浜シーサイドオートキャンプ場」に決定。

せっかくの能登半島なので能登半島をぐるっと一周してみたいと目論むワタシ…

ところがこの週末は台風15号が関東に接近。石川県は雨風の影響はないものの、フェーン現象で猛暑日の様相…

真夏の気温が復活しそうな感じ。

とりあえず夜のうちに新潟を出発。

国道8号をひたすら西に進んで富山県を横断し、国道160号に入る。そこから北に進む。とにかく海沿いを北に進めば石川県だ。

ひたすら北に進み石川県の七尾市に入ったところの「道の駅 いおり」で休憩。ここまでおよそ4時間。

ふ〜、さすがにつかれた…。

ここいらで仮眠をとることにした。

仮眠をとって気がつくと午前6時。朝日がのぼる…

普段なかなか早起きして朝日をみることがほとんどないワタシはもうすでに感動もの!!

さあ少し休んだので、さらに北を目指しますよ!!

途中こんなとこにたちよったりして…

能登島が見えてきました!!

せっかくなので能登島を一周してみよう。しかし、やはり朝からすでに真夏の暑さ!

そしてさらに国道249号を北に進みます…

能登半島の最先端の珠洲市まで来た。

そこから道を走ってると、なにやら空中展望台の看板に引き寄せられ、日本三大パワースポット「聖域の岬」に到着。

本当は展望台に登りたかっただけだったんだけど、せっかくなので全部見学することに…

ここから中に入るには有料の券を買う必要があります。

展望台から下を見下ろすます…

そしてその先の聖域の岬へ…本当ならもっとゆっくりしていくところですが、あまりの暑さにさっさと退散。

なにやらこの先行けるのかしら…

結構下に下ってくと…

さらにここに入れと言わんばかりにトンネルが…

こんな椅子とテーブルがあります。

その奥は…

チョット怖い!!

水面は光の反射できれいですね!

ところが、ここに降りてきたということは帰るには登らなくてはいけません!!いつも帰りのことまでは考えてないワタクシです…

むろん、全身汗だくで戻ってきたのはいうまでもありません!!!

ま、これも経験ですね。

さ、能登半島巡りを再開しましょう!

と…ここで時計を見ると午前11時。優雅に半島巡りをしていて午後13時予約のキャンプ場に間に合うのか…

現地で集合予定の友人はもうじき到着するという連絡が入った。

 

しかたない…ここから直接キャンプ地に向かうとしよう。すぐにキャンプ地にむかった。

キャンプ地の「休暇村能登千里浜シーサイドオートキャンプ場」には午後13時をすこし過ぎていたが、友人たちは笑顔で出迎えてくれた。

と…ここで肝心のキャンプ場の使える写真がないことに気づいた。

千里浜の画像は一応使えそうなので見てもらいたい…

こんなすばらしい浜辺と夕日がすぐそこで堪能できるキャンプ場です!

サイト内もかなり手入れが行き届いていてとても良いキャンプ場でしたよ。また来たいです。

でもこの日の最高気温は予想超える37℃でかなりまいりましたorz…

また、ひさしぶりに友人たちの元気そうな顔を見ることができて本当によかったです。

バイクで来ていた友人たちとはここでお別れして、来る時にできなかった能登半島一周を帰り道に選んだワタシ。

少し寄り道しながらゆ〜っくり道中を楽しみました!!

さすが能登半島、ライダーを笑顔で歓迎してくれます!

キャンプ場から自宅まではおよそ410km。朝9時ごろ出発して、午後18時には地元に到着しました。

暑さにはまいったけど、ひさびさの遠出は楽しかったです。また、涼しくなったら能登来てみたいですね!!

 

 

夏の終わりに謙信公祭

8月の終わり、今年も謙信公祭が開催された。

今年は天気があまり良くなく見物に出かけるか迷ったが、一応出かけてみた。1日目は仕事で行くことが出来なかったが、2日目は日曜なので朝から春日山へ向かってみた。

朝はいい感じのお天気。

春日山神社に上ると、なにやらタイムスリップしてきた方々が…勝どき?をあげているではありませんか。

なにやら儀式を執り行ってます。

と…思ったら、怪しい人影が…

なんか…危ないものもってるやん!!

…と、次の瞬間…

「ちゅどーーーーん!!!」

う、動きが速すぎて、ブレてしもうた〜

ってか、衝撃も相当ありそうな感じ。

 

はい。米沢藩古式砲術保存会の方でした。

 

見事な砲術と爆音に感服いたしましたです。

お見事。

 

ささ…場所を移動してメインイベントである「川中島の合戦」を再現する会場「春日山城趾跡広場」の方にやってきました。

まずは謙信流陣太鼓の演奏です。

なかなか迫力のある演奏でした。

すんばらしい。

ホラ貝部隊のみなさんも。

…と、この辺から何を思ったのか、望遠レンズを使っているにも関わらずシャッタースピードを強引に遅くして撮影してしまいました。

ブレすぎて、ほとんどの写真が使い物にならない結果に…orz

とりあえず、なんとか見れる写真だけ載せることにします。

武田軍の背後。

ぶれすぎた上杉軍。

ごめんなさい。

信玄公様。

謙信公様はお馬さんに乗ってらしたため、超ブレブレで使えませんでした。

これもブレブレ騎馬の戦闘シーン。ブレてるけど、カッコいいので記載。

鎧(衣装)がなかなかリアルでカッコいいね〜

火を絶やさないために、火の番をする係りの人。お疲れ様です。

ということで、なかなか迫力のあるものを見せていただきました。来年はもっといい写真が撮れるように頑張ろうと思います。今年は全て手持ちでのカットでしたが、来年は三脚で本気撮りしてみようかな!

Z6 コイツ意外と…モロいな

表題にあるとおり、今日なにげにZ6をみると…「おい!な…なんじゃあコリャあ」というようなことになってました。

お気づきでしょうか?グリップ部の下部のところです。

ぺろんちょとめくれ上がってるじゃないの!

まだ購入して2ヶ月目ですよ!!ニコンさん。

さすがにこれには意気消沈…どこかにぶつけた覚えもない…

 

たしかに70-200のタムロンとか付けて振り回したりしてるけれども、たしかにわたくし初心者で、カメラの扱いもまだまだ未熟かもしれないけど、ちょっとモロすぎませんか?

はあ…この修理代いくらかかるんだろう?

たしかに70-200のタムロン付けて撮影している時、親指の付け根がやたら痛くなるような気がしてたんですよね…まあ、設計がミラーレス用じゃないし、サードパーテー製品だし、仕方ないんでしょうけど…

GH5は全然こんなことないですよ…

GH5で手持ち撮影全然してないけど、レンズもめちゃくちゃ軽いけど…

それにしても、いくらなんでも早すぎませんか、ニコンさん。

 

…っと、ここまで文句タラタラのワタシですが、事前の勝手なイメージでニコンは頑丈、丈夫という思い込みがありました。それゆえ余計にモロいという感想がでてきたのかもしれません。

例のバッテリーの蓋のちゃっちさといい、今回のグリップ部の剥げ問題。

逆に言うとカメラ界後発組のはずのパナ機のしっかりとした作りかた、防塵、防滴、マイナス10度の過酷な環境に耐えうる耐低温設計。当然、Zもそれぐらいの堅牢性はあるだろうと勝手に思っていたCHAですが、Zは使用温度、0度から40度です。

もちろん、カメラとしての性能はあきらかにZのほうがGH5より上ですし、今後もZを使い続けていくと思いますが、今回Zを購入してふと感じたことは、「パナ機…いいじゃん」です。

今後は動画以外でもGHをもっと使ってみたいと思っています。

まとめると、カメラはやはり性能も大事ですが、根本的にカメラとして細かい部分がしっかりしていることも同じぐらい大事だな改めて思いました。性能は、同じ最新の機種であれば細かい差はあっても、大差はないでしょう。

やはり、購入する前に量販店などでベッタベッタに触りまくって各部を確認することをオススメします!

 

では、また!